セサミンの原料であるゴマの産地

今健康に良いとされている話題の栄養成分と言えばセサミンですよね。
セサミンというと皆様ご存知のようにゴマから得られる栄養成分のことです。
ではセサミンの原料となるゴマの産地ってどこなんだろう?という疑問を持つ方もいらっしゃるでしょう。

近年では安全を考慮し、国産であることというのが大前提となっている気がしますが、ゴマの産地というのはそのほとんどが外国産だとされているのです。
日本でゴマを自給しているのはほんの僅かで、無いに等しいと言われています。
ではゴマの産地というのはどこなのか?ということになりますが、商品により多少異なるものの、そのほとんどが南米やアフリカで生産されていると言われています。

セサミンを作るためには大量のゴマが必要となります。
なぜならセサミンは、ゴマ一粒に対し、多くてほんの1%しか含まれていないからです。
ですからセサミンを作るためには大量のゴマが必要となるため、ゴマを生産するためには広大な敷地と環境が必要となるのです。
南米やアフリカというのはこのような環境に適しており、良質なゴマを大量に生産出来るとされているからです。

日本が輸入しているゴマもほとんどが南米やアフリカだと言われています。
でもそうなると疑問に思うのが、「安全性」ですよね?
しかし心配することはありません。
日本は他の国に比べて、食品の品質チェックには非常に厳しく、輸入段階は勿論、国内に入ってからサプリメントを作るまでの間も、厳しいチェックと品質管理が行われています。
特に厳しい管理をしている会社を例にあげると、このセサミンを産み出したサントリーです。

サントリーのセサミンに使用されるゴマも勿論外国産でありますが、その品質管理はかなり細かな項目に分けられており、農薬検査はは勿論、サントリーしか行っていない検査もあるほどです。
このように厳しい検査が行われた上で、セサミンのサプリメントとして誕生していますから、例え原料の産地が海外であっても心配する必要は一切ありません。
またもしどうしても産地や品質の管理体制が気になるという場合には、その会社へ連絡すれば丁寧に説明をしてくれると思います。

丁寧な説明が出来るということは、品質に自信があるから出来る行為です。
逆にしっかり説明ができない場合などは他のセサミンを探してもよいかもしれません。
セサミンのサプリメントなどを購入される方は一度ゴマの産地などにも目を通してみると良いかもしれません。
正しい産地を知ることは、正しい商品選びにも繋がりますので、是非ご自身の目でご確認下さい。

Copyright (C) 錆びにくい体へ All Rights Reserved.