高血圧とゴマセサミンの関係

中高年になるとあらゆる病気が起こりやすくなりますよね。
その理由として考えられるのは、体が元々持っている機能が加齢により低下するからだと言えるでしょう。
特に現代人に関しては、日々の食生活の欧米化や、運動不足などの生活習慣の乱れにより、年齢よりも早く体が老化してしまう恐れがあると言われています。

こういった生活を続けていると起こりやすいのが、高血圧です。
高血圧と聞くと誰もがなりやすあ症状ですし、「年齢がくると仕方がないのでは?」と甘くみてしまいがちです。
しかし高血圧が怖いのは、様々な命に関わる合併症を引き起こす可能性があるということです。
ですから単なる高血圧と甘く見ないで、早めに改善する必要があります。
そんな高血圧を改善するのに役立つのが、今健康食品で話題のゴマセサミンです。

ゴマには元々不飽和脂肪酸という体に必要な油分が含まれており、この働きで血中の悪玉コレステロールを減らす働きがあるとされています。
そしてそんなゴマから得られるセサミンには、強い抗酸化作用があり、体内の錆び付きの原因ともなる、活性酸素を抑制し、血管をしなやきにしてくれるのです。
これらのダブル作用で、血行を促進し、血液をサラサラにして、善玉コレステロールを増やしてくれます。

このようにコレステロール値が正常化すると血圧も改善され、若くて健康な体が保てるのです。
実際にもある研究で、高血圧患者に対し、セサミンを続けて摂取させたところ、セサミンを摂取していなかったグループに比べ、セサミンを摂取していたグループの血圧が明らかに低下したという結果も出ています。

しかし高血圧を放置しておくと、悪玉コレステロールが増え、血中濃度は上がり、益々高血圧を悪化させてしまうのです。
そうなると起こりやすくなるのが、動脈硬化や脳梗塞、血栓、心筋梗塞などの恐ろしい病気です。
高血圧改善には、セサミンを摂取するだけではいけませんが、日々の食生活や生活習慣を見直しながら、そのサポートとして、セサミンを取り入れてみて下さい。

Copyright (C) 錆びにくい体へ All Rights Reserved.