抗酸化作用が期待出来るセサミンについて

最近、テレビや雑誌で注目を集めている栄養成分「セサミン」。
そのセサミンの主な効果と言えばやはり抗酸化作用の働きですよね?
ではそのセサミンが持つ抗酸化作用についてお話していきたいと思います。

まず私達の体には抗酸化作用、活性酸素の分泌とどちらも体を守るために欠かせない働きが備わっています。
激しい運動後や食後などに、ウイルスの侵入を防ぐため、「活性酸素」というものが分泌されます。
そしてこの活性酸素がウイルスから体を守ってくれているのです。
ここまでは活性酸素も体の味方と言えるでしょう。
そして通常であれば、ここで、抗酸化作用が働いて、活性酸素に「もういいよ〜お疲れさま」という指令を出します。

こうすることにより、体は健康な状態を保つことが出来るのですが、この抗酸化作用の働きというのは、年齢と共に弱くなり、十分な働きをしなくなるのです。
そうなると活性酸素は、どんどん分泌し、ウイルスをやっつけるどころか、正常な細胞までもを傷つけてしまうのです。
そうなると体内は酸化が進み、細胞が弱まり老化現象が起きてしまうのです。
ですから年齢が進むと、辛い症状が出やすくなるわけです。
そこで、強い抗酸化作用の働きがあるセサミンを摂取し、若い頃のように、抗酸化作用の働きを活性化させ、余分な活性酸素の働きを抑制することで、体内の酸化を防ぎ、老化を予防しようというわけです。

しかし体内の働きというのは目には見えないものですから、一体セサミンがどれだけの効果があるかは分かりませんよね。
しかしサラダ油とゴマ油を比較してみてください。
セサミンが含まれていないサラダ油は酸化が早いのに対して、セサミンが豊富に含まれているゴマ油は酸化が遅いですよね?つまり腐りにくいということになります。
これはセサミンが持つ抗酸化作用の働きにより出ている結果です。

この様なことが、私達の体内でも行われているのです。
ですから、「最近疲れやすい、不調がある」などという方は、抗酸化作用が十分に働いていない可能性が考えられます。
抗酸化作用を働かすために、セサミンのパワーを借りてみませんか?
セサミンパワーはたくさんの効果を与えてくれます。
きっとセサミンの抗酸化作用により、年齢より元気で若々しい体を手に入れることが出来るでしょう。

Copyright (C) 錆びにくい体へ All Rights Reserved.